迫真の氷結晶

初投稿です。

  • HOME
  • 自己紹介
  • 作品集
  • ポエム系
2013年11月

ICE_commander

コマンド入力で相手のホストを遠隔操作するHSP製のソフトです。

中学3年生の頃に作って、学校法人岩崎学園の「第30回中高生ソフトウェアアイデアコンテスト」に応募したところ、横浜市長賞(事実上の3位)を受賞しました。

VRAMの内容を送信・受信するプログラムもセットで一緒に作って、ネットワーク上の他の端末の画面をのぞき見できるようにしていました。

主な使い方としてはのぞき見のほか、複数台のPCのCDトレイをパカパカ一斉に開けてみたり、ダイアログを表示したり、勝手に音を鳴らしたりといったことができました。

もともと中2の終わり頃から、icommanderという名前で遠隔操作ソフトを作っていたのですが、そのソフトの通信の方法は、ネットワーク上の共有ファイルを連続的に読み書きするという方法でした。このICE_commanderはicommanderの通信部をIP通信に拡張したものとなっています。

ソケット通信しようにもネットワークの知識がなくてできなかったので、中3の8月ごろから、受験勉強そっちのけでネットワークの勉強を始めて、なんとか9月の提出にこぎつけた記憶があります。