迫真の氷結晶

初投稿です。

  • HOME
  • 自己紹介
  • 作品集
  • ポエム系
2015年1月

V2語録/V2 Online

なにこれ

文化祭でクラスの企画として上映した自主制作映画「V2 Yankees」をAndroid・Webアプリ化したものです。

映画のあらましを見たり、登場人物のセリフを再生したりできます。

デモ映像(Android版)

特徴

ボタン連打で語録を垂れ流せるのが相当面白いと思っています。

制作の経緯

クラスの文化祭企画として作った自主制作映画は、意味不明なセリフやガバガバ演技に客が上映中に寝てしまうほどの映画でした。(実話)

ですが僕は、「語録」の類が大好きなので、こんな映画はセリフを語録化してボタン連打で再生しまくれるようにして教室中語録まみれにするしかない(使命感)と思って、 みんなで放課後や夏休みに集まって制作した映画の思い出を風化させたくないと思って、この映画をAndroidアプリに封印することにしました。

Android版の制作

Androidアプリの制作を2015年、高校1年生の12月に開始しました。

この時までAndroidアプリを作った経験は一切無かったので、タブによる画面遷移を実現するのですら土日2日間で丸々20時間費やすなど、想像以上に手間取りました。

冬休みをまたいで2016年の1月にとうとうAndroidアプリが完成しました。

しかし、いざアプリをクラス(学級)で公開するも、クラス内でのAndroidシェアが低くあまり多くの人に使ってもらうことができませんでした。

急遽Webアプリに移植

iOSの人にも使ってもらえるアプリを作ろうにも、当時はMacを持っていなかったのでiOSアプリの開発などできず(仮にMacを持っていても内輪アプリのリリースは厳しい)、ブラウザ上で動くWebアプリに移植しようと決めました。

既に冬休みが終わっていたので、クラス替えまでもうあまり時間がありません。

Webアプリを作り終える前にクラスが解散してしまったら、クラスの自主制作映画をアプリにする意味が薄れてしまいます。

初サーバーサイド/初Node.js

とはいっても、サーバーサイドプログラミングが必要なWebアプリを作った経験など無かったので、急いでNode.jsに入門しました。Node.jsを選んだのは、一番書き慣れていたのがjavascriptだったからです。

当時のNode.jsのバージョンは0.4くらいで、初心者向けのドキュメントやサイトが今ほどありませんでした。

サーバーサイドの勝手も分からなくて詰まりかけましたが、クラス解散まで時間がなかったので、すぐに『Node.jsの教科書』を買って1か月間必死こいて、2月にWeb版を完成させたのでした。